ホームジュエリーガイド>アレキサンドライト

ジュエリーガイド

アレキサンドライト

アレキサンドライトは、光の違いによって「緑」と「赤」の2色を操り、昼と夜ではまったく違った表情を見せる宝石です。
宝石の王様とも呼ばれるアレキサンドライトは、1830年ウラル地方の鉱山でエメラルドの採掘をしていた鉱夫たちが、光によって赤色から緑色へと変化する石を発見したことから始まります。
発見された日は、ちょうどロシアの皇太子アレクサンドル2世の誕生日であったことから、珍しい石は宮廷に献上され、アレキサンドライトという宝石名が与えられることとなりました。

「アレキサンドライトとは」

鉱物学的に見ると、アレキサンドライトはキャッツアイと同じクリソベリルに属し、硬度は8.5と硬いです。
内包される酸化クロムが、光線を吸収した際に着色効果が現れ、緑と赤の中間的な色のバランスを醸し出します。
光線の種類によって「緑が色を支配する」場合と「赤が支配する」場合があり、2色の色を表現するのです。


「評価ポイント」

評価する最大のポイントは、「色」と、この石最大の特徴ともいえる「変色性」です。
「赤」から「緑」へはっきりと変色し、それぞれの色がクリアであるほど評価は高くなります。
また、光を変えたときに変色性が認められないものはアレキサンドライトという名称は与えられず、ただのクリソベリルとされ、評価もぐんと下がってしまうのでご注意ください。


「アレキサンドライトの産地」

主な産出国はブラジル、スリランカ、タンザニア、マダガスカルなどです。
ブラジル産のアレキサンドライトは赤茶色から青緑色に変色し、最も高い評価を受けます。
スリランカ産は薄い茶色から緑色に変色するのが特徴で、一般的にブラジル産より質の劣るものが多くあります。


「カットの種類」

オーバルブリリアントカット、エメラルドカット、ペアシェープブリリアントカット、マーキスブリリアントカットなど。